山崎育三郎、私生活でも恋のキューピッド役「指輪選びにもついていきました」

山崎育三郎、私生活でも恋のキューピッド役「指輪選びにもついていきました」

山崎育三郎 撮影/廣瀬靖士

「12歳でデビューしてからずっとミュージカルにしか興味がなくて、当時は“ミュージカルしかやらない”って勝手に決めつけていました。でも、ドラマに出演させていただくようになってから、自分をきっかけに劇場に足を運んでくださるお客さんも増えて。

 “ミュージカルというジャンルを多くの人に知ってほしい”という強い思いがあったので、そういう意味でも今、すごくやりがいを感じています」

 “ミュージカル王子”の異名をとり、類いまれなる歌声と表現力で魅了してきた山崎育三郎(31)。2015年の『下町ロケット』をきっかけに立て続けにテレビドラマに出演してきた彼が、7月28日から始まる『あいの結婚相談所』(テレビ朝日系 金曜 23時15分〜 ※一部地域をのぞく)で、ついに連ドラ初主演! 

 強いこだわりを持っていたミュージカルから、ドラマに出ようと思ったきっかけは?

「僕は小さいころから『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』『エリザベート』『モーツァルト!』という、この4大ミュージカルと呼ばれる作品に出ることと、帝国劇場で主演を張るというのを夢見てやってきたんです。それが全部叶(かな)ったのが29歳のとき。そのタイミングでドラマの話をいただいて、ちょうど役者として幅を広げていきたいと思っていた時期だったので、出演する決意をしました」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)