あの“脳トレ”の川島隆太教授が力説!脳を見てわかった「頭のよい子の朝食、教えます」

あの“脳トレ”の川島隆太教授が力説!脳を見てわかった「頭のよい子の朝食、教えます」

?朝ごはんの有無は学力だけでなく、就職する会社や収入にまで影響が

「毎日朝食を食べる子の3割が、偏差値65以上の大学に合格している」「朝食を毎日は取らなかった人たちの3割は偏差値44以下の学部にしか入れなかった」この研究結果を聞いてどう思いますか? ただ食べればいいわけではありません。あの脳科学者・川島隆太教授に、頭のよい子に育てる方法を聞いてみたーー。

                 ◇   ◇   ◇

「朝食あり」の子どもの3割が、偏差値65以上の大学に合格している。

 あなたは、これを聞いたらどう思うでしょうか。「そんなバカな!」と思うかもしれませんね。しかし、これは厳然たる事実です。

 これは、私が所属している東北大学加齢医学研究所と農林水産省が共同で行った、大学生400名、35〜44歳の大卒会社員500名を対象に行った調査結果でわかったことです。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)