松岡茉優、キスシーン後は何回経験しても気まずい「まだ正解がわかりません」

松岡茉優、キスシーン後は何回経験しても気まずい「まだ正解がわかりません」

松岡茉優 撮影/伊藤和幸

「幼稚園の卒園アルバムで“将来の夢”という項目に“妖精”って書いたら、母にその夢は叶わないねって笑われたんです。でも今回演じる沙也加は、夫に“妖精みたい”と言われる女性なので、遠回りしましたが、夢を叶えることができました(笑)」

 ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』(日本テレビ系 毎週土曜 夜10時〜)で、ちょっぴり残念な夫をサポートする思い込みが激しく、世間知らずな妻を演じる松岡茉優(22)。

「夫役の錦戸亮さんは寡黙でストイックなイメージがあったのですが、座長として毎日よい空気を作ってくださいます。グイグイ引っ張るというよりは、みんなで一緒に頑張っていこうというタイプなので、キャストもスタッフも信頼してついていけます」

 沙也加は妄想癖があり、感情の起伏が激しい役柄だけど、実際は?

「私も激しいほうだと思います。その場の雰囲気に流されやすくて、現場が盛り上がっていると、私も調子乗って怒られたり(笑)。誰かが悲しそうにしていると、私まで悲しくなったり……。なので今年は意思を持って感情をコントロールしたいと思います(笑)」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)