脚本家の渡辺千穂さんが声を大にして言いたい「夫を惚れ直すチャンス」とは

脚本家の渡辺千穂さんが声を大にして言いたい「夫を惚れ直すチャンス」とは

脚本家の渡辺千穂さん

 現在放送中の人気ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』(日本テレビ系)の脚本家・渡辺千穂さんの新刊エッセイ『あなたの夫は素晴らしい人だと叫びたくなる』(マガジンハウス)が話題に。フリーアナウンサーの羽鳥慎一さんを夫にもち、43歳で娘を出産。

 独身時代にたくさん見てきたいろいろな夫婦たち、そして自身の結婚・出産で、見えた、感じた、夫婦の形とは?「夫を惚れ直すチャンス!」と「今を楽しむ!」を聞いてみた。

               ◇   ◇   ◇

 渡辺千穂と申します。脚本家として働いています。ちょうど現在オンエア中の『ウチの夫は仕事ができない』というドラマを書いています。この本のタイトルとちょっと被っていますが、たまたまの『夫』つながりです。

 こちらの本には、私の両親も含め、20代30代の独身時代の私が見てきたいろんな夫婦の形、41歳で夫と結婚してから見えてきたこと、43歳で子供を産んで知ったことなどを書きました。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)