【国内LCC大解剖】安全性は大手と同等? 安さの秘密は“1日の往復数”にあった

【国内LCC大解剖】安全性は大手と同等? 安さの秘密は“1日の往復数”にあった

「座席は基本的に通路を挟み両側に3席ずつ。前後の狭さは否めません」(秋本さん)。写真提供:ジェットスター・ジャパン

 かつては高嶺の花だった空の旅を身近な存在に変えたLCC(格安航空会社)。国際線は便数が全体の2割強を占めるなど大幅増。国内線でも、JTB総合研究所の『LCC利用者の意識と行動調査2015』によれば、「LCC就航がきっかけで国内旅行をした」人が約33%にのぼり利用者は増加傾向にある。

 一方、「サービスや安全面が不安」「利便性が低そう」などの声があるのも事実。実際はどうなのか、素朴な疑問を専門家2人にぶつけてみた。

「LCCとは『ローコストキャリア(Low Cost Carrier)』の略称。サービスや人件費を必要最小限に絞り、コストを抑えることで大手に比べ運賃をグッと安くしています」

 とは、作家で航空ジャーナリストの秋本俊二さん。

「コスト削減の大きな秘訣は、1日の往復数が多いこと。大手は1日3往復でも、LCCは5往復以上している路線もあります。飛行機は止まっていたら稼ぎを生み出しません。LCCは往復便を増やすため、夜中発着の便があったり、機内に乗客がいる間にもゴミ回収を始めたりします。着陸の数十分後には、もう出発する便もあるほどです」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)