脳科学者・川島隆太教授が警告「子どものスマホ使用で2時間以上の勉強効果が消える!」

脳科学者・川島隆太教授が警告「子どものスマホ使用で2時間以上の勉強効果が消える!」

悩む親が多い、子どもとスマホの付き合い方

 あなたは自分の子どもにスマホを使わせていますか?なんと、長時間のスマホ使用で、2時間以上の勉強効果が消えてしまうという恐ろしい研究結果が出たのです。ちょっとだけ“怖くなる”けど、知っておきたい子どもとスマホの関係を、あの脳トレで有名な脳科学者・川島隆太教授に聞いてみた。

                 ◇   ◇   ◇

 暇さえあれば、スマートフォン(以下=スマホ)片手に動画やゲーム、メールやLINEのやりとりをしている我が子を見て、「こんなにスマホを触っている時間が長くて大丈夫なのか……」と、不安に感じているおやごさんは多いことでしょう。

 その漠然とした不安は、的中しています。というよりも、予想をはるかに上回る悪影響を子どもたちに与えていることが、科学的にわかっています。

 拙著『頭のよい子に育てるために3歳から15歳のあいだに今すぐ絶対やるべきこと』で明らかにした、スマホが子どもたちに与える驚くべき影響について、ここではお話していきましょう。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)