実力派女優・松下由樹「演技が楽しくなってきたのは、30代になってから」

実力派女優・松下由樹「演技が楽しくなってきたのは、30代になってから」

松下由樹 撮影/伊藤和幸

「これまでたくさんの役をやらせていただきましたが、職業に関してもそうですし、まだまだ演じられる役はあるんじゃないかと思います。そんな中でも、このドラマは現場も明るいし楽しい。エネルギーあふれる現場で演じられるのは、いいなって思います」

 松下由樹(49)が男勝りのベテラン女刑事に。『警視庁ゼロ係〜』のパート2で、主人公のKY刑事(小泉孝太郎)とコンビを組み難事件を解決する寺田寅三を熱演中。映画『アイコ十六歳』(’83 年)でデビューし、ドラマや映画、舞台などで幅広い役を演じてきた松下。今や日本を代表する女優のひとりとなったが、その道のりは決して平坦ではなかったと語る。

「10代、20代はもう必死で(笑)。毎日が短距離走を走っている感覚でした。30代になってですね。少し余裕ができて、人と出会ったり、いろんな経験をして、演技は出すだけでなく、自分の引き出しを増やす作業も必要だってことを感じたのは。そのころから楽しんで演じられるようになってきました」

 時代や作品ごとに、強い思い入れがあるとも。

「『ナースのお仕事』に出会えて、国民的に愛される作品ってこういうのなんだとか、『大奥』で時代劇を知ったり。『ココリコミラクルタイプ』でコントに挑戦できたことも大きかったですね。ドラマはカットごとに区切るんですけど、あのコントは最後まで一気に撮るんです。なので、ドラマ以上にセリフを覚えていかなければならなかったりして、力になりましたし、いい経験になりました」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)