眞鍋かをり「海外への女子ひとり旅は究極のアンチエイジングです!」

眞鍋かをり「海外への女子ひとり旅は究極のアンチエイジングです!」

約18か国を「ひとり旅」したと語る、真鍋かをり

「海外へのひとり旅に目覚めたのは30歳のとき。これまでに約18か国26都市を回って、ピークのときには2か月に1回は行っていましたね」

 そう語るのは眞鍋かをり。海外旅行となると、事前に計画して、1週間近くは滞在するようなイメージがあるけれど、

「私のひとり旅はいつも直前&弾丸なんです。突然、ロケが飛んで4連休だと知らされた日には、速攻で航空券を検索して、その日の深夜1時には羽田からロサンゼルスへ。ドイツのミュンヘンへ、『オクトーバーフェスト』の時期に本場のビールを飲みたいがためだけに1泊3日で行ったことも。滞在時間、24時間あったかな(笑)」

 抜群の行動力をみせる眞鍋は、数日間の旅行でも「ホテルは、あえて最初の1泊しかとらない」場合も多いそう。

「いくら下調べをしても、海外って日本以上に“宿泊先がやたら治安が悪かった”“部屋のお湯が出ない!”とか、“この周辺の観光、もう飽きたな(笑)”とかいうリスクがつきもの。そんなときに自由にプランを変えて動くためにも、ホテルは現地で探すのも手です」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)