木村拓哉 『検察側の罪人』ロケ現場で見せたカット前後の切り替えがスゴい

木村拓哉 『検察側の罪人』ロケ現場で見せたカット前後の切り替えがスゴい

『検察側の罪人』ロケ現場の模様

 7月下旬、都内を走る首都高速道路高架下の空き地に、来年公開予定の映画『検察側の罪人』ロケに臨む木村拓哉の姿があった。この日は珍しく気温30度を下回ったが、猛暑の中で連日スーツを着込んでいる彼にとって、例年以上に熱い夏になりそうだ。

「木村さんは東京地検を舞台にエリート検事を演じます。フジテレビ系『HERO』シリーズで、カジュアルな型破り検事を演じましたが、今回は常に眉間にしわを寄せているようなお堅い役柄。場はピリッとした空気に包まれています」(映画雑誌編集者)

 共演に嵐の二宮和也、ヒロイン役として吉高由里子が出演。ほかにも松重豊や山ア努、八嶋智人、高架下ロケに参加した平岳大ら演技派が脇を固める。そんな豪華キャストの中でも、話題の中心にいるのが二宮だ。

 ともにジャニーズとして国民的アイドルに上り詰めた2人は、今回が初共演となる。

「かつてSMAPのI元マネージャー、嵐を受け持つJ副社長と、“派閥”があったとされた彼らが対面するのはNHK紅白くらい。またキムタクは、中居正広とは違いジャニー喜多川社長の誕生日会にも出席していなかったことから、嵐メンバーとは交流はなかったはず。まさに“初共演”です」(スポーツ紙記者)

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)