北村諒×和田雅成の“ペア”対談「一緒にいて、こんな楽な関係はなかなかない」

北村諒×和田雅成の“ペア”対談「一緒にいて、こんな楽な関係はなかなかない」

左から和田雅成、北村諒 撮影/伊藤和幸

 人気のある舞台で、圧倒的な存在感を放つ北村諒と和田雅成。2人が出会ってから、気の置けない関係になるまでのこと、お互いへの思いを教えてもらった。

──初めて会った年から、舞台『刀剣乱舞 虚伝 燃ゆる本能寺』や舞台『ホイッスル!?BREAK THROUGH-壁をつき破れ-』など、3回の共演を果たし、役としての絡みも多かったふたり。プライベートでも仲がよく、ディズニーリゾートでの撮影(ふたりのディズニーガイド記事はこちら)でも、ずっと笑顔でリラックスして楽しんでいた。お互いを「まーしー(和田さん)」「きたむー(北村さん)」と呼び合うふたりの出会いは?

和田 去年の3月、僕がきたむーの舞台を観劇した際に、楽屋へあいさつに行ったのが初めての顔合わせになるのかな。そのときは、『刀剣乱舞』で一緒になることがわかっていたから、顔を出させてもらいました。

北村 そこから、共演が続いてるね。なんだかずっと一緒にいるような気がするんだけど(笑)。

和田 実際、いるんだよね。特に去年の年末あたりから、5か月くらい現場が一緒だったりもして。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)