志田未来がオトナの土ドラ (東海テレビ作品) で演じる「ウツボカズラ女」とは?

志田未来がオトナの土ドラ (東海テレビ作品) で演じる「ウツボカズラ女」とは?

『ウツボカズラの夢』でドラマ主演作10作目となる志田未来 (c)フジテレビ

 攻撃的ではないが、訪れたチャンスは逃さず飲み込む。食虫植物“ウツボカズラ”のように、したたかに生きる女を演じる志田未来。志田のイメージを一新するような役柄などキャスティングへのこだわり、痛快エンタメ作品の見どころを『ウツボカズラの夢』(8月5日スタート フジテレビ系 土曜夜11時40分〜)のプロデューサーが激白。

 自らは動かず、獲物の欲望を利用して目的を遂げる食虫植物のウツボカズラ。今作のヒロインは、そんなウツボカズラのような18歳の少女、未芙由(みふゆ)だ。原作は直木賞作家、乃南アサの同名小説。未芙由を演じる志田未来は、ドラマ主演作10作目にあたる今作について意欲的だ。

「今まで演じたことのない役柄ではありますが、新しい自分をお見せする気持ちで頑張ります」(志田)

 制作した東海テレビの松本圭右プロデューサーは、原作が上梓(じょうし)された9年前から、映像化したいと考えていたという。

「ドラマ化が決まり、改めて原作を読み返したとき、僕の頭の中では志田さんが未芙由として動いていたんです。志田さんには、“今まで培ってきたものを100だとしたら、200の志田未来でお願いします”と、依頼しました。撮影が始まると、希望をはるかに上回り、500くらいの力を見せてくれています!

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)