【普天間問題】辺野古に代わる新提言──“抑止力神話”を覆す可能性も

【普天間問題】辺野古に代わる新提言──“抑止力神話”を覆す可能性も

普天間基地のオスプレイ

 住宅や学校が近接し、「世界でいちばん危険な基地」と呼ばれる普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)。これを返還して負担軽減をするには、日本とアメリカは、新基地建設は「辺野古が唯一の解決策」と繰り返し強調してきた。こうした「基地神話」を唱えるのは政府ばかりではない。ネット上には「抑止力」「地政学」的に沖縄に基地が必要だとする主張があふれかえり、それに中国・北朝鮮への脅威論が拍車をかける。

 だが、それらの神話を覆し、普天間問題を解決する画期的な政策提言を民間シンクタンクが発表、注目を集めている。軍事・安全保障の専門家がメンバーの『新外交イニシアティブ』(以下、ND)がそれだ。

 7月中旬にはアメリカを訪れ、首都・ワシントンでシンポジウムを開催、米政府関係者へのロビー活動も行っている。

 辺野古への新基地建設に代わる解決策─、NDが提言するのは「海兵隊の運用の見直し」だ。訪米に先駆けて5月23日、都内で開かれたシンポジウムでは、2月にまとめた報告書をもとに、その具体的内容が明らかにされた。

 猿田佐世事務局長が言う。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)