【基地移設問題】「沖縄の米軍基地を本土へ」広がる引き取り運動

【基地移設問題】「沖縄の米軍基地を本土へ」広がる引き取り運動

記者会見で基地引き取りの知事アンケートを公表する連絡会のメンバーら

 沖縄の米軍基地を「本土」に引き取る─。実に刺激的なフレーズだが、この実現を目指す市民運動が今、全国5か所で展開されている。2015年の大阪を皮切りに、同年に福岡と長崎、’16年に新潟、そして今年の東京と同時発生的に立ち上がった。

 大阪の市民団体『沖縄差別を解消するために沖縄の米軍基地を大阪に引き取る行動』(以下、「引き取る・大阪」)の松本亜季さん(34)は、その目的をこう語る。

「日本人が沖縄に押しつけてきた差別を解消したい。国民の約9割が日米安保体制の維持が望ましいと考えています。つまり米軍駐留を肯定しているのに、それを沖縄だけに押しつけ、自分のところには来るなという状況を変えたいんです」

 どういうことか? 『沖縄の基地を引き取る会・東京』(以下、「引き取る・東京」)の坂口ゆう紀さんの体験を紹介したい。

 坂口さんは’10年、聴き取り調査で辺野古を訪れるなど、基地への関心があった。だが’16年3月、沖縄で出会った70代の地元女性から言われた「学生のときに本土から基地が移ってきた。悔しかった。元の場所に戻してほしい」との言葉が心に刺さる。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)