勝新太郎の元マネージャーが赤裸々に綴った、豪快すぎる“勝新秘録”が話題

勝新太郎の元マネージャーが赤裸々に綴った、豪快すぎる“勝新秘録”が話題

アンディ松本さん 撮影/齋藤修造

 まさに昭和の怪優と呼ぶにふさわしい勝新太郎。彼の没後20年がたちました。女遊び、金使い、芸への情熱。どれをとってもスケールの大きいその生きざまは、今となっては伝説と化しています。

 そんな勝新太郎のマネージャーとして、6年の月日を過ごしたアンディ松本さん。「オヤジ」「アンディ」と呼び合う関係は親子同然だったといいます。アンディ松本さんの『勝新秘録 わが師、わがオヤジ勝新太郎』(イースト・プレス)には、ありし日の「オヤジ」の素顔が生き生きと描かれています。

「オヤジと初めて会ったのはね、京都のベラミっていう高級クラブ。山口組の田岡組長が撃たれたいわくつきのクラブで、関西政財界御用達だよ。いや、行ったのは初めてなんだけどさ、会社を辞めた後、お世話になった先輩を連れて2次会の行き先に選んだんだ。そりゃすごい豪華なクラブだからさ、きょろきょろしちまって。で、トイレに行こうとしたらさ、階段の上に、あの勝新太郎がいるんだよ。いや、びっくりして“大ファンです!”って話しかけた。そしたら、オヤジは“そうかそうか、後で来い”と」

 社交辞令だと笑う周囲の声を聞かず、アンディさんは勝新太郎の席に行きます。周囲には、江波杏子や太地喜和子などの大女優が控えていたそうです。

「オヤジに“おまえさん誰だい?”って聞かれたから名刺を出しちゃった。だけど、よく考えてみたら、もう会社は辞めるんだよな(笑)。“実は現在はこの身分ですが退社するので”と言ったら、オヤジが“なぜだい”と。それで、会社の派閥争いだとかが嫌になったことをオヤジに話した」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)