関ジャニ村上信五、金曜にプライベートな夜ふかしを楽しんだお相手が意外だった件

関ジャニ村上信五、金曜にプライベートな夜ふかしを楽しんだお相手が意外だった件

店を出ても元気な佐藤は、グループの先頭に立って周りを盛り上げた

「村上クンが男性と2人で入店し、調理場の横にある暖簾の奥の席にスッと消えていきました。ほかの客で彼に気づく人はいませんでしたね」(居合わせた客)

 7月下旬の夜、関ジャニの村上信五が目撃されたのは、都内にあるお好み焼き店。カウンター席と、数席のテーブルのみの店内はまさに“こぢんまり”という言葉がぴったりの雰囲気。

「お好み焼きはボリューム満点にもかかわらず1000円程度で、おつまみもドリンクも500円前後のものがほとんどといったリーズナブルな店です」(グルメ誌ライター)

 東京で多忙をきわめる生活を送っている村上だからこそ、プライベートでは“地元の味”が恋しくなるのだろうか。ラストオーダーが終了した午前0時ごろに、意外なゲストがフラッと来店。

「すでにお酒を飲んでいるのか、赤ら顔の佐藤二朗さんが暖簾の奥に消えていったので驚きました。Tシャツにクロックスばきといった、超ラフな服装の彼に、村上さんが大声でツッコミを入れているのが聞こえましたよ(笑)」(前出・居合わせた客)

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)