【戦争を考える】過酷な強制労働の爪痕が残る“負の遺産”、「戦争遺構」を訪ねて

【戦争を考える】過酷な強制労働の爪痕が残る“負の遺産”、「戦争遺構」を訪ねて

松代大本営地下壕。碁盤の目のように掘りぬかれた壕は総延長10キロにも及ぶ

 第2次大戦末期、本土決戦を前に、天皇や皇后の御座所、軍司令部、中央官庁を長野県長野市松代地区の地下壕に移す計画があった。『松代大本営』だ。

 その地下壕跡地がJR長野駅から車で約20分、上信越自動車道・長野ICのすぐそばにある。

 沖縄戦が始まると、最終決戦として、本土決戦が準備された。天皇を頂点とする国家体制の維持「国体護持」のため、沖縄を“捨て石”にして時間を稼ぎ、松代大本営の建設を急いだ。天皇制の象徴である“三種の神器”の保管場所を作る計画もあった。

 松代の地下壕は3か所で工事が進められていた。各省庁は「象山(ぞうざん)」、軍司令部は「皆神山(みなかみやま)」、御座所と参謀本部は「舞鶴山」だ。完成前に終戦を迎えたが、軍部の視察だと、75%程度が完成していたという。

 なぜ長野市松代地区が選ばれたのか。(1)東京から離れ、近くに飛行場がある、(2)地質的に硬い岩盤、(3)山に囲まれ、工事に都合のよい広さがある、(4)労働力が確保しやすい、(5)「信州」は「神州(しんしゅう)」に通じる、といった理由からだ。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)