<リンちゃん殺害事件>いまだ黙秘の容疑者、被害者家族と容疑者の子どもたちは今

<リンちゃん殺害事件>いまだ黙秘の容疑者、被害者家族と容疑者の子どもたちは今

我孫子市の遺棄現場には今もお供え物が。お地蔵さまも見守っている

「行きずりの犯行ではなく、顔見知りで保護者会会長の犯行だったショックは大きい」

 と松戸市教育委員会の担当者は振り返る。

 今年3月24日、千葉県松戸市の小学校3年生でベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンちゃん(当時9)が行方不明となり、2日後に同県我孫子市の農業用水路脇の草むらで遺体となって発見された。

 約3週間後、県警が遺留品のDNA鑑定や防犯カメラの映像などから逮捕したのは、リンちゃん宅からわずか300メートルほどのところに住んでいた渋谷恭正被告(46=殺人、わいせつ目的誘拐、強制わいせつ致死、死体遺棄で起訴ずみ)だった。

 同被告は取り調べに黙秘を貫き、事件は4か月以上たっても全容解明されていない。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)