佳子さまの皇族としての「自覚」イギリス留学の直前までご公務を優先される

佳子さまの皇族としての「自覚」イギリス留学の直前までご公務を優先される

11歳の誕生日を迎えられた悠仁さま。慕っている姉の佳子さまが留学に旅立たれることで寂しい思いをされているのかもしれない

「出会いのきっかけやプロポーズの言葉などを話された仲睦まじい様子のおふたりの姿に、日本中から祝福の声があがっています。眞子さまは、佳子さまが日本にいらっしゃる間に会見を開かれたかったのでしょう」(皇室ジャーナリスト)

 9月3日、秋篠宮家の長女・眞子さま(25)は、国際基督教大学(ICU)時代の同級生・小室圭さん(25)との婚約会見を開かれた。お姉さまの“晴れ姿”に佳子さまも喜ばれたことだろう。9月6日には秋篠宮家の長男で、佳子さまの弟である悠仁さまが11歳の誕生日を迎えられた。

「留学される直前にお姉さまである眞子さまの婚約会見や悠仁さまのお誕生日などで、ご家族との時間を大切に過ごされたのだと思います」

 そう話すのは、皇室を長年取材するジャーナリストで文化学園大学客員教授の渡邉みどりさん。

 佳子さまは、9月12日から来年6月まで、在籍しているICUの『交換留学プログラム』を利用して、ロンドンから電車で約3時間ほどのイギリス中部に位置するリーズ大学へ留学される。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)