「ムセやすい」は老化のサイン!のどの筋肉を鍛えて「誤嚥性肺炎」を防ぐ

「ムセやすい」は老化のサイン!のどの筋肉を鍛えて「誤嚥性肺炎」を防ぐ

平時は食道の入り口は閉じていて、声帯と気管は開いている。反対に、飲み込むときは声帯が閉じて食道の入り口が開く仕組みになっている。

 近年、日本人の死亡原因の上位になった「肺炎」。特に、「誤嚥性肺炎」で命を落とす高齢者が増えているが、のどの衰えや老化による“誤嚥”は、40代から始まる。のどの筋肉を鍛える生活習慣&簡単メソッド“のど活”で肺炎を遠ざけよう。

 体力や気力、筋力や食欲など、いくつになっても元気に過ごすために必要な要素は複数あります。その中でも特に大切なのは、食べ物を飲み込む力、つまり嚥下(えんげ)機能です。

「生き物が生きていくためには、食べることが不可欠。私たちは日々、当然のように食べ物を食べていますが、加齢によって飲み込む力が衰えると誤嚥が起きます。誤嚥によって食べた物が気管や肺のほうに入ってしまうと誤嚥性肺炎を発症してしまいます。特に高齢者にとっては、誤嚥性肺炎は命取りになります。誤嚥を防ぐために飲み込む力を維持することが、健康寿命を決めるカギとなるのです」(西山先生)

■加齢とともに誤嚥が起きやすくなる理由

 飲み込み力のカギを握るのは、“のど仏”です。正式には「甲状軟骨の喉頭隆起」という名称で、女性にも備わっています。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)