東山紀之、キャスター業に早くも前のめりで「オスプレイ・北朝鮮」取材を企画提案

東山紀之、キャスター業に早くも前のめりで「オスプレイ・北朝鮮」取材を企画提案

オスプレイ

 10月から日曜日のテレビ朝日系の情報番組『サンデーLIVE!!』で、51歳にしてキャスターに初挑戦する東山紀之。朝5時50分から160分間という、ジャニーズタレントキャスターの中でも、最年長ながら最長の生放送番組が任されることになった。

「番組進行やニュースの読解力はもちろんですが、なんといっても生放送での柔軟な対応力と、とっさの判断力が不可欠です。用意された台本に身を任せるのではなく、いかに独自のアドリブや鋭い私見、引き出しの多さを見せられるか」(テレビ局関係者)

 番組では政治経済、海外情勢はもちろん、スポーツや芸能ニュースも扱われる。現在、本格的に打ち合わせが重ねられ、東山も熱心に情報収集に努めてはキャスター業を極めている最中のようだ。

「当初こそニュース番組を担当するための勉強で手いっぱいだったのが、次第にヒガシさんも熱を帯び始めて自ら企画提案をしているといいます。

 “タレントキャスター”や“色モノ”扱いはされたくないようで、やるからにはとことんやりたいのでしょう」(同・テレビ局関係者)

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)