【スー女のススメ】元祖スー女に聞く「粋な相撲観戦」と「稀勢の里の義理人情」

【スー女のススメ】元祖スー女に聞く「粋な相撲観戦」と「稀勢の里の義理人情」

国技館の中にあるお茶屋さん

 誰かが「混沌とした戦場」と呼んでいた、大荒れの大相撲9月場所。

 3横綱に加え、場所3日目にして大関の高安、人気の宇良まで休場。一人横綱となった日馬富士は連敗を喫し、大関・照ノ富士もケガを悪化させて6日目から休場。「相撲人気の危機!」と、眉根(まゆね)を寄せて深刻になっている好角家もいる。

 確かにこれだけケガ人が続くと心配だし、どこかに問題があるのかもしれないと考えるが、同時に大相撲はそんなにヤワなものじゃない、とも思う。

 何せ、以前も書いたように大相撲の世界には常時、力士が700人ほどいる。AKB48ならぬ、OZM700! 

 上位が次々と休場しても、下位の力士たちが「今こそチャンス」とばかりに逆に張り切る姿が見られる。幕内・阿武咲の活躍を見よ! テレビのニュース番組で彼の名前に「おうのしょう」と仮名が振られていて、「そうか! 相撲ファンにはすでにおなじみの彼も、一般には新顔なんだ!」と気づいた。新しいスターが生まれる9月場所、その真剣勝負にワクワクしたい。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)