新潟に奇妙な “泥棒一家” 夫と妻、義母、元嫁がショッピングセンターで盗みを働く

新潟に奇妙な “泥棒一家” 夫と妻、義母、元嫁がショッピングセンターで盗みを働く

記事まとめ

  • 新潟県警は窃盗の疑いで新潟市の錺師と妻、妻の母、錺師の元妻らを逮捕した
  • 男1人と4人の女が2組に分かれ、連携プレーでショッピングセンターの店内を物色
  • ウェアラブルカメラ1台と、男性用ビジネスシューズ1足、男性用デニムシャツを盗んだ

妻、義母、元嫁と盗みを働いた、奇妙な “泥棒一家” の不気味なご近所付き合い

妻、義母、元嫁と盗みを働いた、奇妙な “泥棒一家” の不気味なご近所付き合い

警察は現在も捜査と取り調べを続けている

 男1人と4人の女が2組に分かれ、連携プレーで新潟市西区にある大型ショッピングセンターの店内を物色していたのは、昨年9月27日の午前11時ごろのことだった。

 手慣れた手つきで商品を手提げバッグに入れ、店外へ。手際のよい組織化された万引き犯の一部始終を目撃していたのは防犯カメラ。売り上げと在庫の不一致を不審に思った店が映像を確認すると、そこには男女5人組の怪しい動きが鮮明に残っていた。

 新潟県警は9月6日、窃盗の疑いで新潟市の錺師、霜鳥幸男容疑者(68)とその妻、霜鳥絵美容疑者(36)、妻の母、霜鳥律子容疑者(65)、幸男容疑者の元妻、霜鳥奈千子容疑者(75)、知り合いのパート従業員、細川順子容疑者(50)を逮捕した。

 逮捕容疑の窃盗被害は、

「ハンズフリーで撮影できるウェアラブルカメラ1台(3万円相当)と、男性用ビジネスシューズ1足(1万3000円相当)、男性用デニムシャツ(3000円相当)の3点」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)