『池の水ぜんぶ抜く』の人気ぶりを『イッテQ!』放送作家が分析してわかったこと

『池の水ぜんぶ抜く』の人気ぶりを『イッテQ!』放送作家が分析してわかったこと

『池の水ぜんぶ抜く』MCのココリコ田中直樹

 古舘プロジェクト所属の鮫肌文殊、山名宏和、樋口卓治という3人の現役バリバリの放送作家が、日々の仕事の中で見聞きした今旬なタレントから裏方まで、TV業界の偉人、怪人、変人の皆さんを毎回1人ピックアップ。勝手に称えまくって表彰していきます。第31回は鮫肌文殊が担当します。

 長年、TVの世界で飯を食っていると、ありとあらゆるパターンの番組を見知っており、同業者のやった企画で「この企画、やられた!」と悔しく思うことなんてなかなかないのであるが、最近、TVマンが2人以上集まると「アレはやられたな」という話になるのが『池の水ぜんぶ抜く大作戦』(テレビ東京系)という番組である。

 見たことない方のために番組概要をホームページから引用すると、

「危険生物に悩まされる近隣住民のSOSに出動!外来種が大量発生し困っている池の水を全部抜き、そこには何が潜んでいるのかを大調査!そこには予想だにしない生物の姿が!??」

 2017年、いわゆる世間的にバズった番組というと、ナスDのアナーキー過ぎるロケが話題となった『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』(テレビ朝日系)と、ネット番組史上、空前のビュー数を叩き出した『亀田興毅に勝ったら1000万円』(AbemaTV)だと思うのだが、『池の水ぜんぶ抜く大作戦』も負けてはいない。なんせ、9月3日の第4弾の放送がNHKの大河ドラマ『おんな城主 直虎』を視聴率で上回って、テレ東内が上を下への大騒ぎになっているのだ。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)