オードリー春日俊彰のイベント取材が「番宣だった」とマスコミがTBSに激怒

オードリー春日俊彰のイベント取材が「番宣だった」とマスコミがTBSに激怒

記事まとめ

  • TBSの“宣伝活動”が、説明不足で芸能マスコミのひんしゅくを買っているよう
  • 東京・渋谷109前で、オードリーの春日俊彰(38)が登場するイベントがあった
  • 「あの宣伝方法は騙し討ち。TBSがルールを破ったと思われても仕方ない」と記者はいう

オードリー春日のイベント取材が「番宣だった!」無駄足踏んだマスコミ大激怒

オードリー春日のイベント取材が「番宣だった!」無駄足踏んだマスコミ大激怒

マスコミからひんしゅくを買うような番宣はダメ

 TBSの“宣伝活動”が、説明不足で芸能マスコミのひんしゅくを買っている。

「タレントには非がまったくないんですが、あの宣伝のやり方はだまし討ち。TBSがルールを破ったと思われても仕方ない。現場に集まった取材メディアは『あそこまでやるかね、他局に平気で損をさせることを』ってブイブイ文句を言っていましたよ」

 芸能ニュースサイトの記者がそう伝える事件が起きたのは今月19日。東京・渋谷109前で、お笑いコンビ、オードリーの春日俊彰(38)が登場するイベントがあった。

「イベントは、エアロビ日本一を目指す春日が渋谷で“ゲリラエアロビクス”をやります、というものでした」(民放番組ディレクター)

 文面を読む限り、TBSの文字はどこにもない。イベントの後に囲み取材もある。春日というネームバリュー、人気、発信力を考えれば、

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)