アルツハイマー病をたった2滴の血液で診断「早期発見で確実に進行を遅らせられる」

アルツハイマー病をたった2滴の血液で診断「早期発見で確実に進行を遅らせられる」

研究チームの徳田隆彦教授(右)と建部陽嗣特任助教(左)。中央に写るのが分析機器

 9月5日、京都府立医科大学の徳田隆彦教授らの研究チームが、血液からアルツハイマー病の診断をすることができる新たな検査方法を開発したと発表。2025年には認知症の患者数は700万人を超えると推計され増加の一途だ。認知症の治療は早期発見・予防が大切だと専門家らは話す。徳田教授に話を聞いた──。

  ◇   ◇   ◇  

 今年8月、1滴の血液で13種類のがんの有無がわかるようになる研究成果を、国立がん研究センターらのチームが発表し、世間の関心を集めた。あれから1か月もたたない9月5日、今度は点滴2滴分の血液量でアルツハイマー病(以下ADと表記)かどうかが診断できる新たな検査方法が開発された。

 手がけたのは、京都府立医科大学の徳田隆彦教授らの研究チームだ。

「0・1ミリリットル以下の血液で検査が2回できます。1回の検査だと確かな数字ではないかもしれないので、最低でも2回行うのです」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)