【安室奈美恵が引退発表】新宿二丁目は「お通夜のテンション」に "アムロス"も指摘

【安室奈美恵が引退発表】新宿二丁目は「お通夜のテンション」に "アムロス"も指摘

記事まとめ

  • 安室奈美恵が引退表明し、ショックで会社を休むファンもおり“アムロス”も指摘された
  • 新宿二丁目では安室の曲を流すイベントがよく行われていて、去年は安室本人が来たそう
  • 「引退発表当日の二丁目はまるでお通夜テンションだった」とゲイバーの常連客は語った

安室奈美恵の「燃え尽き症候群」引退発表で新宿二丁目は“お通夜テンション”に

安室奈美恵の「燃え尽き症候群」引退発表で新宿二丁目は“お通夜テンション”に

最後の紅白出演となった'03年。'10年からは、ほぼ地上波のテレビ番組には出演していない

 9月20日、歌姫・安室奈美恵が突然の引退を表明し、日本中に激震が走った。

「故郷の沖縄で凱旋公演を成功させたばかりで、16日はデビュー25周年。まったく予兆はありませんでした。発表当日は彼女の40歳の誕生日で、まだまだ若いんですけどね」(スポーツ紙記者)

 1年後の9月16日を引退の日と決め、ライブ活動やアルバムの発売を続けるという。

 ファンの中でもショックで会社を休むなど“アムロス”も指摘された。

「ゲイの世界でも安室ちゃん人気はスゴイの。新宿二丁目ではひと晩中、彼女の曲を流すオールナイトイベントがよく行われていて、去年は安室ちゃん本人も来たんです。引退発表当日の二丁目は、まるでお通夜テンションだったわ……」(ゲイバーの常連客)

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)