アジアで社会現象的人気! 新世代アイドルWanna One(ワナワン)が日本上陸

アジアで社会現象的人気! 新世代アイドルWanna One(ワナワン)が日本上陸

WannaOne (c)CJDigitalMusicAllrightsreserved.(c)2017PONYCANYONINC.

 最近、再び日本で盛り上がりを見せているK-POPシーン。その中でも、ダントツの注目株が11人組ボーイズグループのWanna One(ワナワン)。

 8月に本国デビューを飾ったばかりですが、その人気は日本にも飛び火し、デビューミニ・アルバム『1×1=1(TO BE ONE)』のJAPAN EDITIONが9月27日に緊急発売。知らなきゃヤバいアイドルNo.1、Wanna Oneの魅力を総チェック!

 ここ数年、アイドルを目指す練習生たちが参加するサバイバル式オーディション番組が盛んな韓国。Wanna Oneも、人気放送局Mnet(エムネット)が制作した「PRODUCE 101 シーズン2」という番組の出身。

 視聴者が“国民プロデューサー”となって、101人の練習生を評価付けしていき、視聴者投票で選ばれた上位11人が今年8月7日、Wanna Oneとしてデビューしました。

 目の肥えたアイドルオタクたちが選出したとあり、実力はお墨付き。また、11人がそれぞれキャラ立ちしていて、個性も年齢層も見事にバラバラ(最年少16歳、最年長26歳の10歳差!)なのに、揃うとこれまでにない“最強アイドル感”が漂うのが、Wanna Oneの大きな魅力。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)