親と同居のきょうだい(高齢ニート、非正規、非婚)の世話を将来するのは誰?

親と同居のきょうだい(高齢ニート、非正規、非婚)の世話を将来するのは誰?

親と同居のきょうだい(高齢ニート、非正規、非婚)の世話を将来するのは誰?の画像

 50代まで働かずに実家で暮らす兄、離婚後より親のすねをかじる生活から抜け出せない40代の妹、独身・非正規・低収入で細々とひとり暮らしを続ける弟─。もし将来、彼らの生活が困窮したら、介護が必要になったら、その世話役はきょうだいが担うしかないのだろうか。いわゆる、「きょうだいリスク」に直面した人々の苦悩を取材した。まずは2つのケースを紹介しよう。

●ケース1

 大手食品会社に勤務する横川剛さん(仮名・56)は、妻と娘の3人暮らし。都内にマイホームを購入し、ローンの残りもあとわずか。そんなとき、とんでもない事態が舞い込む。それは父親からの1本の電話だった。

「もう1人じゃ見きれん。福岡に帰ってきてほしい」

 横川さんの実家は福岡。数年前に母が他界。84歳になる父と、非婚で無職の兄(57)が同居している。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)