小池百合子の『希望の党』が示す「希望」は、国民が望んでいる「希望」なのか

小池百合子の『希望の党』が示す「希望」は、国民が望んでいる「希望」なのか

希望の党結党で笑顔をみせる小池氏ら=9月27日、都内で

「しがらみのない政治、そして大胆な改革を築いていく新しい政治、まさにニッポンをリセットするためにこの希望の党を立ち上げます。リセットするからこそしがらみがない。いえ、しがらみがないからリセットできる。

 いまニッポンをリセットしなければ、国際間競争、安全保障など十分守りきれないのではないか。そんな危機感を共有する仲間が集まりました」

 東京都知事で希望の党代表を務める小池百合子氏(65)は9月27日、結党会見の冒頭で14人の国会議員同志に囲まれながらそう述べた。

 物理的には不可能な“ニッポンのリセット”という表現を使い、安倍政治を終わらせる決意を示した。自民党総裁の安倍晋三首相(63)は同28日、衆議院を解散。事実上の選挙戦に突入したが、もし希望の党が政権奪取した場合、どの政策をどのようにリセットするのかわかりにくい。

 ニュースは「小池氏出馬か」「民進党の合流議員は」に集中しすぎているからだ。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)