作らずとも楽しい料理本!古代メソポタミアにブルボン王朝、世界の歴史メシを再現

作らずとも楽しい料理本!古代メソポタミアにブルボン王朝、世界の歴史メシを再現

『歴メシ! 世界の歴史料理をおいしく食べる』が話題の遠藤雅司さん

 食べることが大好きな日本人。例えば朝は和食、昼はフレンチ、夜はイタリアンと、1日3食・別の地域の食事をいただくことも、珍しくありません。大都会であれば世界中の料理が、田舎であっても少なくとも数か国の料理が、常時楽しめる稀有な国と言えます。

 でもそれに、時代がプラスされたらどうなるでしょう? 例えば江戸時代の和食、フランス革命前夜のフレンチ、ルネサンス期のイタリアンなんて、想像つきますか? もしかしたら、水戸黄門が食べたかもしれない和食、マリー・アントワネットの愛したお菓子、レオナルド・ダ・ヴィンチの作ったサラダなんて、興味がありませんか?

 大昔の失われつつあるレシピを再現し、食べることを通してその時代の文化や人々に思いをはせる……それを可能にした『歴メシ! 世界の歴史料理をおいしく食べる』(柏書房)が話題です。

「大昔の失われつつあるレシピを再現し、食べることを通してその時代の文化や人々に思いをはせる……それを可能にしたのが、本著『歴メシ! 世界の歴史料理をおいしく食べる』です。僕が古い資料・文献をもとにレシピを再現し、場合によっては現代風にアレンジして“簡単で美味しい”を実現しました」

 こう話すのは、著者の歴史料理研究家・遠藤雅司さん。遠藤さんは会社員の傍ら、音楽と食のプロジェクト『音食紀行』を主宰。世界中のさまざまな時代の料理を再現し、同時代の音楽とともに楽しむイベントを全国各地で行っています。そして、実際にイベントで出して好評だったレシピを、この初著書の中で公開しました。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)