とんねるず『みなさん』の“引き際”は「石橋貴明が世間とのズレを感じたら」と評論家

とんねるず『みなさん』の“引き際”は「石橋貴明が世間とのズレを感じたら」と評論家

とんねるず

「“お膝元”フジの社長が直々に陳謝するのは異例にも思えます。これまでも『みなさん』だけでなく、数々の番組を炎上させてきたとんねるずですが、“いよいよ終了か”との声も聞こえてきます」(スポーツ紙記者)

 発端は9月28日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP』(フジテレビ系)だった。石橋貴明が扮したキャラクター『保毛尾田保毛男』に、LGBT(性的少数者)当事者、支援団体が「差別や偏見を助長する」などと抗議したのだ。

 すると9月29日、同局の宮内正喜社長が定例会見で「時代が違った」と、早々と謝罪をしてみせたのだった。

 LGBTなどへの理解が深まり「ホモ」を蔑称とする昨今、28年ぶりに『保毛尾田保毛男』を登場させた演出は軽率であった感は否めない。一方で、お笑い評論家のラリー遠田氏は、時代の変化も叩かれる一因になったと話す。

「昔はインターネットもなく、情報や評判が伝わる速度が遅かった。例えば番組を見ていない人は内容を知ることはなかったのが、今は誰でも共有できる時代になりました。“好きなら見ればいい。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)