<母子6人殺害事件>思い出すのは、身勝手な父親より “弟思いの長女の姿”

<母子6人殺害事件>思い出すのは、身勝手な父親より “弟思いの長女の姿”

自宅に隣接する広場に設けられた献花台。訪れた友達や近所の住民は手を合わせて肩を震わせた

 妻と子ども5人を刺した男は、自ら車を運転し茨城県警日立署に出頭、「家族を殺して自宅に火をつけた」と当直の警察官に打ち明けたという。

 今月6日午前5時ごろ、同県日立市の3階建て県営アパートの一室で火事があり、中から母親と4人の子どもの遺体が見つかった。

 殺人容疑で逮捕されたのは会社員の小松博文容疑者(33)。遺体は妻の恵さん(33)、長男の幸虎君(たから・7)、次男の龍煌君(りゅうあ・5)、双子の三男の頼瑠君(らいる・3)と四男の澪瑠君(れいる・3)の5人。

 長女の小学6年の夢妃さん(むうあ・11)は病院に救急搬送されたが、搬送先で亡くなった。鋭利な刃物のようなもので身体を何度も刺し、その後、火を放つという残忍な手口。

 一部報道によると、妻から離婚を切り出され子どもたちを渡したくなかった、などと供述しているという。科学警察研究所で働いた経験もある岩手大学の鈴木護准教授は、

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)