福井中2いじめ自殺、死に追い込み弔問にも来ない “担任” それをかばう校長に遺族が涙

福井中2いじめ自殺、死に追い込み弔問にも来ない “担任” それをかばう校長に遺族が涙

A君は校舎の3階から飛び降り自殺した

「過呼吸の報告なかったな。土下座の報告もなかったな。報告を上げる上げないの判断はやっぱり甘かったですね。すっごく反省ですね。報告を上げる当事者の判断に任せている部分が多くて。当事者がこれは報告しよう、これは報告しないでおこうと、その人の判断に任せてしまっている。個々の判断が多かったと。それが甘かったなと」

 連絡体制の不備を認める堀口修一校長(10月19日付で退職願を提出)。過呼吸という生徒の体調異変を知らされなかったなど、対処ができなかった遺族は「悔やみきれない」。

 企業であれば、明らかな隠ぺいではないのか。

「そう言われたら、そうかもしれないけど。どこまでっていう報告の基準を作ることが何より大事だと思いますけどね」と町教育委員会も否定はしない。

 全校生徒は40人。校長や教頭をはじめ先生方の目が隅々まで届く規模の福井県池田町の町立池田中学校で今年3月、2年の男子生徒A君(当時14)が飛び降り自殺した。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)