綾瀬はるかのドラマで、とてつもない絶望感!「それって男の性欲論理じゃね?」

綾瀬はるかのドラマで、とてつもない絶望感!「それって男の性欲論理じゃね?」

綾瀬はるか

 元・工作員の女が足を洗って、穏やかで温かい家庭を築こうと専業主婦になる物語、主演は綾瀬はるかの『奥様は、取り扱い注意』(日テレ系)である。綾瀬はセレブ奥様に落ち着いたが、ご近所で起こるトラブルを秘密裏に解決していくハメに陥る。

 そもそも正義感が強く、困っていたり泣いている人をほうっておけない性分だ。良いドラマと思うが、穏やかで温かい目では観ていられない。そう、オンナアラートが鳴っちゃうからね。

 綾瀬は夫・西島秀俊に尽くす。とにかく尽くす。セレブ生活のわりに、着る服と作るメシは案外質素だったりする。まあでも、完璧に食事を用意するだけすごいと思う。そもそも綾瀬は料理が苦手なのに、そこ頑張るんだ……と思う。あれだけの豪邸に住んでるのだから、他にいくらでも方法があるだろうに。

 そもそも、綾瀬が自分の行動をいちいち夫に相談するところも違和感。これは個人的な感覚だが「頭ポンポン」する男は基本的に女を見下していると思う。ファンタジーとかプレイの一環なら一向にかまわないが、日常で「頭ポンポン」されてなだめられるというのは、侮辱以外の何物でもない。あれ、普通にやられたら怒ったほうがいいよ、女は。

 そして、夫の帰宅時には玄関で毎度お出迎え。料理教室に着物の着付けと習い事もするわ、セックスレスを危惧してあの手この手で工夫するわで、綾瀬は相当の努力を自ら課している。そして、子どもを欲しいと思っている様子。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)