伊集院光、さすがの手腕で『ラストアイドル』のスパイシーなスタジオを救う

伊集院光、さすがの手腕で『ラストアイドル』のスパイシーなスタジオを救う

伊集院光

 古舘プロジェクト所属の鮫肌文殊、山名宏和、樋口卓治という3人の現役バリバリの放送作家が、日々の仕事の中で見聞きした今旬なタレントから裏方まで、TV業界の偉人、怪人、変人の皆さんを毎回1人ピックアップ。勝手に称えまくって表彰していきます。第34回は鮫肌文殊が担当します。

 この夏からテレビ朝日で『ラストアイドル』(毎週土曜 深夜0時5分〜 ※一部地域を除く)というアイドルオーディション番組を担当している。企画立案の秋元康さんのご指名で、『料理の鉄人』で知られる演出家の田中経一(話題の映画『ラストレシピ』の原作者でもある)と私とでタッグを組んでやっている。

 いにしえの『ASAYAN』以来、数限りないオーディションバラエティーを構成してきた私から見ても、今回の『ラストアイドル』のシステムはハンパないと思う。毎回登場する挑戦者1人が、暫定メンバー7人の中から1人を指名しパフォーマンス対決。審査の結果、挑戦者が勝てば即メンバー入れ替えとなる。

 これを12月のCD発売まで毎週繰り返して、最終的にサバイバルした7人で正式デビューするというもの。さすが秋元康! よくこんなスパイシーなオーディション方式を考えついたものである。

 この番組の収録現場の緊張感たるやすごい。特に審査結果が発表された瞬間、観客やスタッフも含め100人以上はいるスタジオが、まるで水を打ったようにシーンとなる。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)