上司との職場内不倫「彼のLINEのアイコンは、子供の顔」――理沙の場合〈上〉

上司との職場内不倫「彼のLINEのアイコンは、子供の顔」――理沙の場合〈上〉

可愛らしい雰囲気の理沙

「実は今日の夜、地元のお祭りがあって、これから行くんですけど、彼の家族も来ているみたいだから、奥さんに会うかもしれないんです。この際、奥さんの顔を一度見に行こうと思うんですよ」

 待ち合わせの池袋駅に現れた斎藤理沙(仮名/独身・35歳)は、少し気後れしたような、それでいて、こちらの様子をうかがうような笑みを浮かべた。ショートカットのボブで栗色に染められた髪。服装は、ピンクのシャツに、デニムのスカート。いわゆる美人という部類ではないが、目鼻立ちがしっかりしていて、背が低めのムッチリ系タイプ。おっとりした話し方と、上目遣いの瞳が可愛らしい。職場の男性たちにも可愛がられているというのが一目でわかる。

 これから会うという理沙の不倫相手は、職場の上司で8歳年上の戸田豊(仮名/43歳)だ。

 理沙は、早速、普段の豊とのやり取りを見てほしいと言って、持っていたスマホのLINEを見せてくれた。トーク履歴の背景画像は、2人が初めてデートしたという、よみうりランドのジェットコースターの写真だった。ここまではいたって普通の恋人同士……という雰囲気である。そこには、大学生のカップルのような初々しい会話が続いている。

「おやすみ」「いってらっしゃい」「おはよう」――途切れることのない、まさにラブラブ真っ最中といったやり取りに、思わずこれが不倫であるということを忘れてしまいそうになる。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)