ドラマ『コウノドリ』出産育児に理解ない人ばかりで「#うちのインティライミ」論争勃発

ドラマ『コウノドリ』出産育児に理解ない人ばかりで「#うちのインティライミ」論争勃発

『コウノドリ』の出演陣。左から、坂口健太郎、吉田羊、松岡茉優、綾野剛、大森南朋、星野源

 産科医療の現場の声をがっつり救い上げつつ、丁寧なつくりで話題になっているドラマ『コウノドリ』(TBS系・金曜22時)。命の尊さを訴えるドラマは重くて、正直、苦手という人も多い。子育て中の友人は、「経験したけど過去のことだし、いまさら見たくない」という。

 ただし、アラートはちょいちょい鳴るのである。特に、2015年に放映した前作よりも、このシーズン2においては「出産育児に理解のない家族」の登場が多い。

 前作は交通事故で妊婦だった妻を失い、シングルファザーとなった小栗旬がメインディッシュで、アラートの鳴らしようがなかった。頑張れとしか言えなかった。いい人にならざるを得なかった。観ている側も演じる側も。でも今シーズンは、いい感じでアラート案件が入れ込んである。

 まず、第3話で産後うつに陥る高橋メアリージュンの夫である。ナオト・インティライミが演じたのだが、「仕事復帰に焦り、保活で苦しむ妻の気持ちをくみとらず」「育休は取らないクセにイクメン気取り」「育児はすべて妻まかせ」。

 放送後、ツイッター上では「#うちのインティライミ」が盛り上がり、出産育児に非協力的な夫への呪詛(じゅそ)が飛び交った。ナオト本人に罪はないし、気の毒だが、それだけメアリージュンの鬼気迫る演技が、母になった人々の胸に突き刺さったのだろう。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)