佐久間由衣が『ひよっこ』時子とかけ離れた役を熱演「この役を逃したくない」

佐久間由衣が『ひよっこ』時子とかけ離れた役を熱演「この役を逃したくない」

佐久間由衣 撮影/坂本利幸

「『ひよっこ』で共演した方たちとは、連絡をとらせてもらっています。助川家のみんなとは、この前、食事に行きました。ドラマを終えてからそんなにたっていませんが、やっぱり懐かしいなという気持ちになりますね」

 朝ドラ『ひよっこ』のヒロイン・みね子(有村架純)の幼なじみで、女優になるという夢を叶(かな)えた助川時子を演じていた佐久間由衣(22)。現在、井上真央主演のドラマ『明日の約束』(関西テレビ、フジテレビ系?毎週火曜 21時〜)で、物語のキーを握る白井香澄を演じている。

「オファーをいただいたのは、時子を演じている真っただ中です。時子や自分自身ともかけ離れた部分が多いキャラクターなので、新たな挑戦として、この役を逃したくないという気持ちがありました」

 香澄は人との距離を保ち、自分から近づこうとはしないタイプ。佐久間本人はというと、

「私は仲よくなりたいと思ったら、すぐに突っ込んでいきます(笑)。ただ、テンションが高いほうではないので、人見知りじゃないかと勘違いされてしまうんですけど……。自分では心の扉を“パッカーン”と開けているんですよ(笑)」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)