よくある話と警察に言われ、それでも伊藤詩織さんがレイプ被害を実名告発した真意

よくある話と警察に言われ、それでも伊藤詩織さんがレイプ被害を実名告発した真意

伊藤さんは「いまなら、詩織さんの言葉で話せば聞いてくれる人がいる」と編集者に言われたことが執筆のきっかけになったと明かす。 撮影/近藤陽介

「男女の問題」でもなく、「個人の問題」でもなく、暴力を抱える、この社会の問題――性暴力を巡る問題についてそう語るのは、レイプ被害を実名で告発した伊藤詩織さん。警察から“ブラックボックス”“よくある話だから難しい”と何度も言われながらも、現状を変えるため声を上げた伊藤さんにインタビューを試みた。

  ◇   ◇   ◇  

 その女性は、まっすぐに目を見てこう言った。

「また闘うんですね? なんて言われるけれど、私、加害者への怒りから訴えを起こしたわけではないんです。真実を知りたい。そして、性暴力の問題を目に見えるようにして、何が改善できるのかという話をしたい。そのために自分の体験を語っているんです」

『被害者A』でも『闘う女』でもない。元TBS記者の山口敬之氏から受けたレイプ被害について、実名で告発したジャーナリスト・伊藤詩織さんだ。伊藤さんが見つめてきたこと、いま、伝えたいこととは? 帰国中の彼女に話を聞いた。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)