杉本彩、激白!<猫13匹虐待殺傷事件>の初公判を傍聴「供述は自分勝手」

杉本彩、激白!<猫13匹虐待殺傷事件>の初公判を傍聴「供述は自分勝手」

裁判前に心情を語る杉本さん。被告への強い怒りも口にした

 11月28日、東京地裁で行われた、猫13匹を虐待し殺傷、動物愛護法違反の罪で逮捕、起訴された元税理士・大矢誠被告の裁判に姿を見せたのは、大の猫好きとしても有名な、女優の杉本彩(49)。

 公益財団法人動物環境・福祉協会Eva理事長も務める彼女は法廷での大矢被告に対し、

「供述は自分勝手。恨みがあったことを強調していましたが、私は駆除を正当化し、減刑するための通り一遍の言い訳だと思いました」

 と、バッサリ。さらに、

「行為がエスカレートしたのは自分のせい、と言いながらインターネットなど、周囲の情報に煽られたためと話していました。これは責任転嫁だと感じました」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)