『わろてんか』で大人気、もっと知りたい大野拓朗!「エロ男爵になりたいんです」

『わろてんか』で大人気、もっと知りたい大野拓朗!「エロ男爵になりたいんです」

大野拓朗 撮影/伊藤和幸

「僕、人を笑顔にしたり、日々の活力を与えたいと思ってこの仕事をしているんです――」

 今年の春に行ったインタビューで、そう胸の内を語っていたこの高身長の美形男子。彼こそが、朝ドラ『わろてんか』で黒ブチメガネがトレードマークの芸人・キース役を演じ人気急上昇中の俳優・大野拓朗(29)だ。彼はまさに有言実行、朝から多くの視聴者に笑顔を届けている。

「今回の朝ドラのテーマが“人生には笑いが必要だ”で、これってまさに自分のポリシーと重なるんです。しかもキースという男は、とにかくお笑いを愛していて、今後、新しい笑いのスタイルを生み出して、伝説の漫才師になっていくかも……!? “笑い”の第一人者という役ができて、本当にうれしいです」

 10月に放送が始まってはや2か月、その反響は予想以上だという。

「大阪のおばちゃんのパワーが本当にすごい(笑)。先日、大阪刑務所で1日所長をやらせていただいたんですが、前で握手していたら逆の手をうしろにグッと引っ張られて無理やり手を握られて。“勝手なことしないでよ〜(怒)”ってそっちを見たら、おばちゃんたちがめちゃくちゃ笑顔なんです(笑)。純粋に喜んでくれている姿を見たら、うれしくなっちゃいましたね」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)