綾野剛主演『コウノドリ』、吹き替えなしのピアノ演奏で見せる役者魂

綾野剛主演『コウノドリ』、吹き替えなしのピアノ演奏で見せる役者魂

コウノドリ (c)TBS

 生命誕生の奇跡と、生きることの大切さを描いた連続ドラマの続編が、前作に続いて好評だ。主演の綾野剛はじめキャスト、スタッフが「前作を超える素晴らしい作品に」との思いで臨む撮影現場の秘話、そしてクライマックスは─。

 2015年に話題を呼んだヒューマン医療ドラマの第2弾。原作は鈴ノ木ユウの同名コミック。主人公の産婦人科医で天才ピアニスト“BABY”の顔も持つ鴻鳥サクラ役は、前作に続いて綾野剛。共演者は松岡茉優、吉田羊、星野源、坂口健太郎、大森南朋らレギュラー陣が顔をそろえた。

 “出産は、奇跡だ”とサクラの言葉どおり、命の誕生までの物語、命を育むことの意味や難しさを丁寧に描き、初回視聴率12・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマーク以降も、高視聴率をキープしている。

「交流のなくなっていた知人から連絡が来るなど、個人的にも反響の大きさを感じています。特徴的なのは、公式サイトの応援メッセージ。番組の感想もあるのですが、例えば、子宮内胎児死亡を扱った回では、私も何か月で赤ちゃんを亡くしましたなどの告白や悩み相談が多く寄せられています。

 誰にも言えなかった悩みを打ち明けてくださる方が多いのかなと感じます。また、吉田さんが素敵すぎると、小学生から看護学校に通う方まで、助産師に憧れる人も増えています」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)