「皮をめくって洗え」「添い寝して」介護職の半数が性的嫌がらせや暴力を経験

「皮をめくって洗え」「添い寝して」介護職の半数が性的嫌がらせや暴力を経験

写真はイメージです

 5人に1人が75歳以上の後期高齢者となるのも、もうすぐ。多くの人が望む“最期は自宅で”を叶えるために尽力する看護師、介護士たちの半数が、実は、これまで知られてこなかった経験をしていた。

  ◇   ◇   ◇  

 “ときどき入院、ほぼ在宅”。いわゆる団塊の世代全員が75歳以上の後期高齢者となる’25年に向け、国が推し進めている地域包括ケアシステムのコンセプトだ。急変時だけ大きな病院で診てもらい、あとは住み慣れた地域に戻って治療を継続していく。

 このシステムの推進にあたり、在宅訪問による介護や医療への注目がさらに高まりをみせている。

 しかし、内閣府が行った高齢者の健康に関する意識調査によると55パーセントの人が“自宅”での最期を望むという結果だったのに対し、厚生労働省が発表した「死亡場所の構成割合の推移」では、死亡場所の75パーセントは病院で、自宅はわずか13パーセントほどと報告されている。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)