籠池泰典・諄子夫妻の長男が、勾留中の両親に塀の外から手製メガホンで激励

籠池泰典・諄子夫妻の長男が、勾留中の両親に塀の外から手製メガホンで激励

記事まとめ

  • 籠池泰典・諄子夫妻が大阪拘置所に勾留され、長男・佳茂氏が面会できない現状を語った
  • 佳茂氏は甘栗や柿ピーなどを差し入れているといい、痛風の持病を持つ父を心配している
  • 佳茂氏は塀の外から手製メガホンで激励しており、逮捕について一方的な口封じと述べる

籠池夫妻の長男激白!絶縁状態だった両親へ、塀の外から手製メガホンで激励の日々

籠池夫妻の長男激白!絶縁状態だった両親へ、塀の外から手製メガホンで激励の日々

インタビューに「両親の体調が心配」と答える籠池佳茂氏

「つい先日も大阪拘置所の両親へ差し入れに行ったんです。拘置所の売店で甘栗や柿ピーなどのお菓子を買って、それをひとつひとつ用紙に記入して係の女性に渡してそれで終わり。この4か月間、息子のボクでさえ面会できへんのですよ。ひどいでしょう」

 と語るのは籠池佳茂氏(37)。今年7月末、国の補助金約5600万円を騙し取ったとする詐欺容疑で、大阪地検特捜部に逮捕された森友学園前理事長・籠池泰典被告(64)と妻・諄子被告(60)の長男だ。佳茂氏が続ける。

「取り調べはとっくに終わっているはず。両親がいま証拠隠滅しますか? (あんなに顔が割れているのに)逃亡しますか? 人権無視もはなはだしい不当な勾留ですよ!」

 父母は、エアコンも窓もないわずか4畳の独房にいる。

「そりゃ、健康状態も精神状態もおかしくなりますよ。2人とも還暦を越えているし、特に父は痛風の持病があるから心配です。母まで勾留するなんて信じられへん。これは安倍政権に都合が悪くなったための別件逮捕だし、一方的な口封じです」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)