テリー伊藤が免許返納問題に待ったをかけた 「事故を起こすのは、若者だって多い」

テリー伊藤が免許返納問題に待ったをかけた 「事故を起こすのは、若者だって多い」

記事まとめ

  • 高齢ドライバーによる事故が続き「免許の自主返納」を促す風潮が広まりつつあるという
  • 67歳のテリー伊藤は「僕は、免許返納はしないほうがいいと思ってます」と語った
  • 「事故を起こすのは高齢者ばかりのように報道されているけど、若者だって多い」とも

テリー伊藤が高齢ドライバーの「免許自主返納」に待ったをかける理由

テリー伊藤が高齢ドライバーの「免許自主返納」に待ったをかける理由

テリー伊藤

 高齢ドライバーによる相次ぐ事故を受け、次第に広まりつつある「免許の自主返納」を促す風潮。67歳となった現在も現役ドライバーのテリー伊藤さんは、こうした免許返納問題をどのように捉えているのだろうか。

「僕は、免許返納はしないほうがいいと思ってます」

 と語るのは、辛口のコメントでおなじみのテリー伊藤さん(67)だ。自他ともに認めるカーマニアで、これまでに50台以上の車を乗り継ぎ現在も3台を所有。この日も三菱デリカで、鎌倉から都内まで出社した。

「事故を起こすのが、高齢者ばかりのように報道されているけど、若者だって多い。返納するのが当然という風潮はおかしい」

 テリーさんは、免許を返納することで車への愛情も消えてしまうと言う。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)