がんばり過ぎてメンタル疾患に陥ることも。「いい人」をやめて幸せになるためには

がんばり過ぎてメンタル疾患に陥ることも。「いい人」をやめて幸せになるためには

「いい人」やっているの疲れませんか?

 妻として、母として、社会人としてがんばってしまう「いい人」。夫や子どもやご近所から慕われて、幸せな人生を送っているはずなのに、なぜ、こんなに疲れてしまうの? これまでの自分を見直して、「いい人」をやめよう!

「いい人をやめなさいというと、なぜ? と質問を受けることがあります。いい人が悪いわけではなく、そこに生きづらさを感じて疲れていることが問題なのです」

 と、臨床心理士の緒方俊雄先生。

「いい人はがんばっているのに、トラブルに巻き込まれたり、いいように使われてしまい、やがて心が疲弊してしまうのです」(以下、緒方先生)

 幼いころから良妻賢母の教育を受けた日本の女性は注意が必要。夫のため、子どものためと自分を犠牲にしてがんばっていると、メンタル疾患につながる可能性が。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)