なりたい顔No.1女優の石原さとみが「30代っていいな」と思うワケ

なりたい顔No.1女優の石原さとみが「30代っていいな」と思うワケ

石原さとみ 撮影/廣瀬靖士

「30代になって、自分から能動的に動けるようになったんです。だから今は仕事もプライベートもすごく楽しいですね」

 デビューして15年。年齢を重ねるたびに魅力を増している石原さとみ(31)。『ホリプロタレントスカウトキャラバン』のグランプリで華々しくデビュー。順調にステップアップしているように見える彼女だが、冒頭の言葉を言えるようになるまでに、人知れず挫折も経験したと振り返る。

「お仕事を始めたころは、好奇心でいろいろとやらせてもらっていましたね。スタッフさんの頑張りもあって、コンスタントにお仕事はさせてもらっていたけど、21歳を過ぎたころからCMや雑誌のレギュラーがなくなって……。その時期は毎日泣いていたこともあったし、こんな私を誰も好きになってくれるとは思えなくて、すべてが投げやりになっていました」

 そんな彼女がポジティブになったのは、25歳を過ぎたあたりから。

「お休みをいただいたことで、深呼吸ができたんです。その時期に恋愛も経験したし、ひとり暮らしを始めて、親のありがたみもわかるようになって。それで25歳を過ぎてから、可愛くなりたいとメイクやファッションに興味を持ったり、お仕事ドラマに挑戦したいという夢を持ち、行動するようになったら叶っていったんです。今思うと、仕事がなくなった時期があったから得られたこともたくさんあったので、挫折を経験してよかったと思います」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)