手越祐也、フットサル大会『音蹴杯』優勝を目指して率いるチーム名は『TGS』

「元プロ選手も参加しているような大会ですけど、そのなかに交じっても上手なほうでしたね」(大会の見学者)

 毎年、音楽業界関係者のみ、一般の方お断りで開催されているフットサル大会『音蹴杯』が、今年もさいたまスーパーアリーナで行われた。注目は、エースナンバーの10番を背負い、毎年、自身のチームを率いて出場するNEWSの手越祐也。

「'17年の大会では、手越さんのチーム『TGS』は見事に初優勝しました。2連覇がかかった今回も順調に決勝に進みました。延長戦でも決着がつかず、PK戦にもつれ込んだところ、3人目のキッカーの手越さんがはずしてしまい……。惜しくも準優勝という結果でした」(同・見学者)

 優勝は逃したが、MVPに輝いた前回に続き、今大会も活躍。

「手越さんは予選では見事に3ゴール。フットサルはサッカーを小さくしただけと思う人も多いですが、フットサルのほうが戦術の決まりごとが多く、サッカーよりもバスケットに近い。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)