森且行プロデュースのSMAPを象徴する星マーク付きのパーカーが発売へ

森且行プロデュースのSMAPを象徴する星マーク付きのパーカーが発売へ

記事まとめ

  • 96年にオートレーサーを目指してSMAPを脱退、公の場でSMAPを語ることはなかった森且行
  • ことあるごとに彼らの象徴的なマークである星柄を身につけ愛をアピールしていたという
  • 2月1日に森がプロデュースする星柄パーカーの発売が発表、ファンは「森くん最高」とも

森且行、SMAPを象徴する星マーク付きパーカーの広告塔に

森且行、SMAPを象徴する星マーク付きパーカーの広告塔に

SMAPを象徴する6色の星

《6色買いました!》《森くん最高だよ 森くんも 必死に守ってくれてる パーカー何色にしようかな》《何色にするか迷ってたら売り切れてる……》

 星は消させない。SMAPが解散し、ある者は事務所に残り、ある者は離れ、新たな一歩を踏み出した。

「解散騒動が起こった'16年から、ことあるごとに彼らの象徴的なマークである“星”柄を身につけ、SMAPへの愛を無言でアピールし続けていたのが、森且行さんでした」(スポーツ紙記者)

 '96年にオートレーサーを目指すため、SMAPを脱退した森。以降、公の場で彼がSMAPを語ることはなかった。しかし、解散が現実となった昨年が特に顕著だったが、イベント時やレースのヘルメットなど、公の場に出る際は、ほぼ毎回、星柄を身につけていた。そしてこのたび星はさらなる動きを見せた。

「2月1日に、森さんがプロデュースするパーカーの発売が発表されました。胸と袖には、“5人”を思わせる5つの星柄が施されています。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)