平岡卓は “クールな情熱家”「スノボのカッコよさの追求」がカッコいい

平岡卓は “クールな情熱家”「スノボのカッコよさの追求」がカッコいい

平岡卓

 前回のソチオリンピックで銅メダルを獲得した平岡卓だが、平昌の舞台では惜しくも予選落ちとなってしまった。だが、彼の持つプロボーダートしての主張、こだわり、情熱は、クールな素顔に隠れているが、誰よりもすごくものを持っていたーー。

「もともとオリンピックに出たいというだけで、スノーボードをやっていたのではないと思います。サーフィンやスケートボードなど横乗り文化で育って、ただカッコいい自分を表現したい選手が多いんですよ。平岡も難易度の高い技を決めることよりも、飛んだときの高さや板をつかんだ際のスタイルのカッコよさを追求しています」(マネジメント事務所関係者)

 4年前のソチオリンピックで、平野歩夢とともに表彰台に上がった彼は、当時、高校3年生だった。

「平昌は非常に寒く、それでいて雪が降らない。パイプが硬くてコンディションがよくないのです。ですから、失敗するリスクが高くなる難易度の高い技で争う展開ではなく、技術点を争うようなことになれば彼にもチャンスはあるでしょう」(スポーツ紙記者)

 ウインタースポーツの選手といえば雪国出身のイメージが強いが、平岡は縁の薄い奈良県御所市で育った。小学1年生でスノーボードに出会う。その後すぐに頭角を現し、12歳にしてプロになった。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)